いろいろ囲碁サイトを見ていたら、とあるサイトで囲碁の上達の秘訣みたいなことが書いてあった。やっぱり囲碁は実践をこなさなければ強くならないんだなあと実感した。自分も趣味で囲碁を打つがなかなか対戦相手がいない。もっと普及してくれればいいのになと思うけど地味すぎるんだよ囲碁は。見た目もね。ルールもややこしいしじじくさいイメージがある。

でもやってみるととても奥が深いしかっこいい。定石を覚えるとどんどんうまくなる、かたちを作れるようになると急に上達するんだよね。じっくりうまくなるんじゃなくていきなりうまくなる。たぶんいごはそういうゲーム。最高の知的ゲームだよ囲碁は。もっと囲碁好きが増えてほしいな。

囲碁は定石を覚えた後はとにかく対局。じぶんより強い人と数多く打つ。これしかない。一人で棋譜を並べていてもある程度で限界を迎える。やっぱり実践の緊張感の中で実力は陶冶されるものだよ。

黒と白の石を交互に打つゲームだけどいろんな色の石を使ってもいいと思う。青と白とかね。もっと自由にこの陣取りゲームを楽しんでいいはずだ。若いひとにも囲碁の楽しみを知ってほしい。